研磨装置・研磨機
TR10M - 卓上型片面研磨装置
案内

研究開発から生産まで幅広い要求に対応したスタンダードな中型卓上型研磨装置です。

装置ベースがフレーム仕様になっているため、通常の装置に比べ軽量仕様になっております。
ガラス・金属・セラミックのラッピング加工から、ポリッシング加工向け試料研磨装置です。

TR10M
TR10M
TR10M
TR10M
TR10M
TR10M
TR10M:操作パネル
TR10M:背面
TR10M
TR10M:研磨プレートをセットした状態
仕様
※ 細かなカスタマイズ(カバー、操作タッチパネル等)が可能です。
ラッププレート関係
ラッププレートの大きさ 外径φ250mm
ラッププレートの回転数 0〜80rpm
無段階変速
ラッププレートの冷却方式 冷却機構無
強制駆動機構 *オプション
強制駆動ドライブ数 1〜2軸
強制駆動速度 無段階速度
ドライブ方式 ベルト伝達駆動
加工対象
最大加工サイズ 丸 約φ95mm
最大加工サイズ 角 約 50mm
装置重量寸法
寸法 (タンク設置台 電装BOXは除く) 幅480mm×奥行500mm×高さ450mm
本体重量 約60kg

卓上研磨装置比較表

  最大加工サイズ オプション機構
 丸 強制駆動 オシレーション エアシリンダー
TR06M 約φ50㎜

約□20mm

× × ×
TR10M 約φ95㎜

約□50mm

× ×
TR15M 約φ140㎜

約□95mm

お問い合わせください
戻る
このページの上へ